FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://misuzusyousetu.blog.fc2.com/tb.php/98-675e8688
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

7.良型クリップ

乳首に装着されたクリップはチェーンで繋がっていた

『お望み通り乳首に苦痛を与えてやろうじゃないか』

乳首と乳首を繋ぐチェーンに500mlのペットボトルが吊り下げられた

乳首が下方にピーンと
引き伸ばされる

『ああっ~
ちぎれちゃう~
ひぃ~いい~』

『こんな事されて
こんなに感じてやがるぜ
本物の乳首マゾだな

じゃあそろそろ始めるか』

アソコから流れ出る
精液と淫汁をすくい
アナルに塗りたくられた

ガラス製の注射器みたいな大型浣腸器を
アナルに刺し込まれ
私には何かは解らないけど何か溶液を注入された

『ああ~
ダメダメ~』

お腹に入ってくる
全部注入し終わると
繰り返し注入された

みるみるお腹が膨らむ

『ああ~
やめて~出ちゃう~』

数回繰り返され
もう入らなくなると
止めてもらえた

『出したら
承知しないからな
我慢するんだぞ』

別の男性がペットボトルに鈴を着けて揺らす

『ああっ~
止めて~
乳首を刺激しないで~
漏れちゃう~』

『そうだ
もっと苦しむ顔を見せろ

自分で鈴を鳴らせ』

わたしは出来る限り
身体を揺すり鈴を鳴らす

チリン…チリン…

乳首クリップが段々と
尖端にずれて痛みを増す

『ああっ~
乳首が…たまらなく…
いたい…クリップが…
とれそう~』

『よしよしいい調子だぞ

このクリップはな
俺が細工してあって
乳首を挟んでいる部分の
真ん中に穴が
あけてあるんだ

どうやって使うか解るか?』

『ひいっ~
クリップが外れそうで
痛い~
はやく外れて~

使い方解りません~

はずして下さい~』

『こう使うんだよ』

クリップの穴に
針を突き刺した

一気に乳首を貫通されて
クリップの反対側から
針先が出た

『ぎゃぁ~』

『これでどんなに暴れてもクリップは乳首から
外れなくなったぜ

そらよ
もう片方も刺してやる』

『うぎゃ~』

その瞬間アナルから
ピューッとすこし
漏らしてしまった

『この野郎
漏らしやがって』

『ごめん…なさい…』

私のまわりの床に
ビニールシートが敷かれた

そしてタライのような
大きなバケツが用意された

『漏らした罰だ』

壁に掛かった
鞭を持ってきた

『漏らすんじゃねえぞ』

鞭の柄でペットボトルを
つつき揺する

『ああっ~そんな…
許してください』

そして
クリップ乳首めがけて
乳房を打たれた

チリンチリンチリン
鈴の音が響いた

『んぎぃ~』
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://misuzusyousetu.blog.fc2.com/tb.php/98-675e8688
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。