FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://misuzusyousetu.blog.fc2.com/tb.php/93-77b17feb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2.年末28日

帰省ラッシュで混雑する
東京駅に着いたのは夕方の4時30分

約束の5時に遅れないように北口に向かった
待ち合わせ場所には白髪が混ざった紳士が待っていて下さった

今回
人集めをして戴いた方だ
歳は50くらい

車で来たからと一緒に駐車場に向かった

ゲレンデヴァーゲン

食事をしようと言われ
向かったのはテレビや雑誌で見たことがある
銀座の有名なお鮨屋さん

未婚のこの男性の御自宅には本人の趣味でSMルームが地下にあり
今回ここで8日間を過ごす事になった

食事が終り再び車に乗るとブラウスのボタンを
数個外されフロントホックのブラも外された

『ほう?これか
かなり黒ずんだいやらしい乳首じゃないか』

両乳首をいきなり摘まれ
指先で弄ばれた

『乳首が感じるんだろう?可愛がってやるから
立ててみろ』

半年ぶりに男性に触られた私の乳首はみるみる固くなってしまう

『乳首マゾと
言うだけあって
見事な勃起ぶりだな
カチカチじゃないか』

指先で弾かれた

『あっ…』

つい声が洩れてしまう

『このいやらしい牝犬め
これで感じてみせろ』

鉄製のかけはりを取り出し勃起した乳首に挟まれた

かけはりは強力で
勃起乳首は無理矢理
平らに潰さた

久しぶりの乳首苦痛は
たまらない激痛

それにしても異常に痛い

『ああっ~
乳首が潰れちゃう~
強すぎます~痛い~』

『そりゃぁ~そうだろう

美鈴が乳首苦痛好きだって言うからかけはりの挟み口に細工がしてあるからな

機械工具で使う滑り止めのスパイクを貼ってあるんだ

どんなにもがいても
ガッチリ乳首に食い込み
外れないように
なっているのさ』

『そ、そんな~』

『こんなのはまだ序の口さ俺の家に着くまでには
この痛みにも慣れるさ

後からたっぷり可愛がってやるから今は
ひとりで感じていろ』

そう言うとかけはりから伸びたチェーンを車の天井に通されたポールに繋がれた

『ああっ~ちぎれちゃう』

乳首は上に向かって
引き伸ばされ車は発車した

わざと荒い運転をされた

身体が前後左右に揺れる度に乳首はあり得ないほど
引き延ばされるが外れない

痛みで冷や汗が噴き出す

乳首苦痛に飢えた私の身体はアソコからも淫汁が
溢れだしてしまった

小一時間も走ると閑静な住宅街に入り、ガレージの前で止まった

電動シャッターが開くと
車は中に入った
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://misuzusyousetu.blog.fc2.com/tb.php/93-77b17feb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。