FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://misuzusyousetu.blog.fc2.com/tb.php/86-df9a3a42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

6.性処理玩具

バシッ ビシッ!

『ぐぐっ…』

ビシッ!

乳房への鞭打ちが続く

時折
身体が小刻みに震え
バイブの音が変わる

『アソコをかき回され
またイッたな』

バシッ!

血飛沫が飛んだ

安全ピンを
貫通された穴から
出血している

『ん?血が出たか?
どれどれ、じゃあ
コイツは外してやるか』

両乳首から
安全ピンが外された

『しかし
ヤブ蚊の威力は凄いな
まだカチカチに
勃起してやがる』

勃起乳首をつまみ
引き延ばす
身体が弓形に反り返る

『ぎ…ぎ…ぎ…
ゆる…して…』

見ている男性達も

『ひでぇなコリャ
乳首が千切れそうだぜ』

『大丈夫だよ
そう簡単には千切れない

このくらいが
感じるのさ、この女は

そうだろう?』

そう言って
摘まんでいる乳首を力まかせにねじる

安全ピンが貫通していた
穴から血が垂れ
まるで
乳首から
血を搾っているようだ

『も…も…う…
や…め…て…』

突然ガクガクと震え出し
ガクッと頭が垂れた

『またイキながら
失神しやがったな

しかし
こんな目にあわされて
絶頂を迎えるなんて
本物のマゾだな』

『じゃあ
壊れる前に俺達も
楽しませてもらうか』

ドリルバイブを止めて
アソコから抜くと
まるで
栓をしてあったみたいに
大量の淫汁が吹き溢れた

『うおっ!
このバイブは凄い威力だないったいどれだけ
イキやがったんだ?』

手足の枷を外して
抱き抱え
上の部屋の
ベッドに運んだ

まったく意識が戻らない

『今度ばかりは
しばらく目覚めないだろうさぁさぁ、始めようぜ

じゃあ俺は
ケツの穴でも
使わせてもらうか』

うつ伏せにさせられ
腰を持ち上げられ
バックスタイルから
淫汁でドロドロのアナルに押し込まれた

簡単に呑み込み

後ろ手に縛られた
両腕を掴み上体を
あげさせられると
激しくピストンされる

グチュグチュと
卑猥な音が響く

失神したままの身体は
ピストンに合わせて踊る

『じゃあ俺は
口を使わせてもらうかな』

髪をつかみ
顔をあげられ
口の中に突っ込まれた

別の男性は
ヤブ蚊で凸凹になった
乳首をねじり
鞭打ちで赤く腫れ上がった乳房を滅茶苦茶に
もみしだく

『それっ
これでも喰らえ~』

アナルの奥に
大量のザーメンを
注入される

口の中にも発射される

仰向けにひっくり返され
別の男性に
正常位で挿入される

『俺はこの奥に
ぶちまけてやるぜ』

乳房を揉み乳首を吸い出す
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://misuzusyousetu.blog.fc2.com/tb.php/86-df9a3a42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。