FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://misuzusyousetu.blog.fc2.com/tb.php/85-736c8f17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

5.ドリルバイブ

X字に磔られ
うなだれたまま
動かない

皆が驚き顔で
なめまわすように見つめる

無数のヤブ蚊に噛まれ
腫れ上がった乳首は
根元を
安全ピンに貫かれて
ムヒを塗られたためか
勃起し
そそり立っている

『こんな目にあわされて
まだ勃起してやがる』

『さぁ、そろそろ
こっちも遊んでやるか』

そう言うと
唯一、身に付けていた
黒Tバックの両サイドに
ハサミを入れた

ハラリと床に落ちた

『おおっ
この変態女め
ツルツルの
パイパンじゃねぇか』

X字に広げた股間から
糸を引いた
淫汁が垂れ下がる

『ビショ濡れだな』

『ビデオで見た
新兵器を作ってきたぜ
コイツを使ってみよう』

電動ドリルの先に
男性の形をした
大きなモノが着いている

スイッチを入れると
ギュィ~ンと
音をあげて回転する

『おおっ
コリャは凄そうだな
さっそく試そうぜ』

ビショ濡れの割れ目に
押し当てると
簡単に呑み込んだ

『んんっ』

『やっとお目覚めかな?

今からまた
天国にイカせてやるよ』

ゆっくりと
大きなモノを
出し入れする

『ああ~』

『そうだ
感じていいんだぞ』

出し入れする速度を
じょじょに早める

グチュグチュと
股間から音が響く

美鈴は覚醒し
状況を理解した

『ああっ
見ないで~』

『イイ顔になってきたぞ』

最深部まで挿入すると
縄でモノを巻き付け
腰に縄を巻き
抜けないように固定された

股間の間に
台車を入れると
電動ドリルも固定された

『ああ~
どうするの?止めて~』

バイブがどうなるのか
美鈴はまだ理解していない『大丈夫だよ
変態のおまえなら
感じるはずだ』

スイッチを入れられた

ギュィ~ンと
凄まじい音が響く

股間に突き刺さった
バイブが高速で
回転しはじめた


『あぎゃ~
£%…#*★…%』

絶叫をあげて仰け反る

『ダ…ダ…メ…
こわ…れる…』

胸をつきだし
仰け反ると

『イ……ク…』

グイ~ン

回転の音が変わる
イッた瞬間
無意識に
締め付けるからだろう

『凄いなコイツは』

まだ高速回転している

『%★@&~§☆〇━』

相変わらず
絶叫をあげつづけている

『さぁ
乳首にも快感を与えるか』

壁に掛かっていた
鞭を持ち出すと

反り立った乳首目掛けて
鞭打つ

ドリルの機械音と絶叫
鞭打つ音が響く

時折
バイブ音が変わる

『またイキやがったな』
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://misuzusyousetu.blog.fc2.com/tb.php/85-736c8f17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。