FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://misuzusyousetu.blog.fc2.com/tb.php/54-8796678e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

9.乳首奴隷の印

床に転がされたまま疲労感と睡魔にはかなわず動けずに眠ってしまいました

さすがに数時間そのままで転がされたままでした

『おい!起きろ』

両手を縛られ昨夜のように立たされ天井の梁に吊られました。昨夜と違うのは、足が床から離れるまで吊られ完全に両手吊り。それと両穴には極太バイブが刺さったまま、縛りつけられ落ちないようにされました

朦朧とした中時計を見ると10時を過ぎたくらいでした

多分四時間くらいは寝かせてもらったようです

『さぁ、美鈴ちゃん今夜も頑張ってね、今夜もあなたの好きな乳首をいじめてあげるからね』奥様が言いました

他の人達はもうリビングで酒盛りが始まっていて既に顔を赤くして酔っているようです

『お腹空いたでしょ、少し食べておきなさい』

奥様がおにぎりを割って私の口に入れてくださり初めてものを食べさせて頂きました。食べ終わると『はい、準備できたわよ』

皆さんが集まり
『さぁ、じゃあ始めますか?しかし、乳首は傷だらけになってしまったな、こりゃ今夜もつかな?とりあえず乳首マゾの印をつけなきゃな、昨夜より少しきついが我慢しろよ』

そう言うと、乳首に安全ピンを貫通され簡易ピアスをつけられました

凄く痛いのですが、昨夜からの執拗な乳首責めで苦痛に慣らされもう絶叫あげるまでには至りません

『ほう、ずいぶんと慣れたものだな!痛め付けがいがある乳首だな』

安全ピンにゴム紐を通されました。この後引っ張られるに決まってます。クリップなら外れるけど乳首に貫通した安全ピンでは…

『それは…ひどい…許して乳首が壊れちゃう』

『そうかな?痛みに慣れたんだろう?ヒヒヒ』

案の定ゴム紐を引っ張られました

『ヒィー、痛ーい、』

安全ピンの刺さった穴から血が出始めました

どんどん引っ張られると、吊られてる身体が斜めになります。私の体重が安全ピンで貫通された乳首にかかるのでたまりません

ゴムを緩められると身体が戻り振り子のように身体が揺れています。

『ハァハァ!もう止めて
乳首がちぎれそうです』

再びゴムを引かれ絶叫をあげて涙が止まりません

『いいね~、もっと泣いてみろ』

安全ピンが弓なりにしなり乳首は飴のように引き延ばされ安全ピンの穴から裂けそうになりました。そんな乳首を見て

『ククク、こりゃあ最高にいいな、本当にちぎれちゃうかもな』

『俺にもやらせてくれ』

『おおっ!やれやれ、思い切り引っ張ってやんな』

私はもう泣くだけでした
一番きついです

『泣いちゃってるからバイブのスイッチを入れてやるぞ、イッてもいいぞ』
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://misuzusyousetu.blog.fc2.com/tb.php/54-8796678e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。