FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://misuzusyousetu.blog.fc2.com/tb.php/53-a30028c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

8.二本刺

『動かないで~』

『何言ってやがる?お前のアソコより数倍いいぞ
そらそら突いてやるよ』

『ダメ~!裂けちゃう』

男性が熱い飛沫を中に絞り出すと、次の男性がはいってきた

『へへへっ!おじゃまするぜ!おっ!いい具合じゃねえかコリャ』

『止めて~!痛い~』

『じゃあ?これはどうだ』

アナルに刺したまま私を抱えあげると、その男性が下になり私を上に乗せる

アナルに突き刺さったまま私のアソコがパックリと広げられ、溢れでる淫汁が、アナルのまわりに滴る

バイブを簡単に呑み込んでしまうと高速でピストンされる。おかしくなる

『ヒィ~!止めて~!狂っちゃう~!』

『おっ!やっぱり感じやがったな?この変態女め』

『だって~』

『おい、バイブじゃなくて本物をプレゼントしてやれ』

バイブが抜かれ誰かが挿入してきた。私の中で二本が擦れる。二人ともこれでもかと、突き上げる

『ギャー!』

私は悲鳴をあげたが
頭の中が真っ白になり
絶頂を迎え、記憶が無くなった
『やっぱり、イキやがった俺達もそろそろイカせてもらうぜ』

アソコとアナルの両穴に、精液を注入された

その後も誰かが、アナルに突っ込んできたが、私はもう断片的にしか覚えていない。さらけ出した両穴は、常に何かで塞がれ時々私の身体が痙攣を起こし小刻みなアクメに達する度に男性達は失笑し、じゃあ次はこれだアレだと、私の両穴をオモチャにされ続けた

私はもう抵抗する気力も体力もなく、されるがままに受け入れてしまった
しかし、女の性は凄いもので、半分記憶がなく、しかも動く事もできないのに、アソコやクリを刺激されると無意識にアクメを迎えてしまうんです

途中、淫剤と呼ばれる薬をアソコとアナルの中に塗りたくられクリと乳首にも擦り込まれ私の身体の感じる場所はムズムズとたまらない刺激がおさまらない

本気で性奴隷にされました

何されても全てが感じてしまい、声をあげてよがり、もっと滅茶苦茶にしてと
懇願していました

夕方まであらゆる格好で床の上でセックスを繰り広げそれも、アナルでイカされ二本刺しで狂わされ、クリや乳首を摘ままれヨガリ狂い汗と精液と淫汁、私の口元からだらしなく垂れた唾液にまみれ凄惨な状態でした。全く動かなくなった私の両穴に極太バイブで栓をされ、床の上に転がされました。昨夜から一睡もさせてもらえずに、約20時間連続で性奴隷にされた結果
私の両乳首真っ赤には腫れあがり、アナルやアソコも擦り傷で真っ赤です
もちろん両肘や膝も擦り傷だらけです。

もう限界ですが、ポイントに擦り込まれた淫剤が私の理性を崩すんです

お願い、もっと、もっと
滅茶苦茶にいじめて…

お願い…
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://misuzusyousetu.blog.fc2.com/tb.php/53-a30028c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。