FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://misuzusyousetu.blog.fc2.com/tb.php/49-7d724e23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

4.宴席の乳首玩具

前後左右上下どちらに動いてもどちらかの乳首の紐が張り根元からちぎれそうになるんです

『ヒィ~ッ!ちぎれちゃう許して下さい…』

『なに言ってる?この乳首苦痛が快感なんだろ?』

そんな会話が繰り返されて誰かが私のアソコに触れ
『この乳首マゾめ、下からも嬉し涙を流してやがる』

片足を持ち上げられると、バランスが崩れ乳首が思いきり引き延ばされてしまい絶叫をあげてしまいます

そこへ立ったまま後ろから挿入され突き上げられ犯されます

『ギャー!乳首が…』
『なに?そんなにイイか』『違う~!限界です』
『ふざけんな!お前の乳首に限界なんてありゃしないんだよ!そら感じろ!ビショ濡れじゃねえか』
『ああ~!許してっ』

乳首をひどいめに合わされているのに、感じてしまうんです。激痛に泣きながら痙攣しながら絶頂を迎えてしまいます

酔っぱらった男性達に次々に性処理玩具として使用されました。乳首は根元を縛られている為に引っ張られ鬱血してどす黒く変色してしまってます

立ちバックで犯されていると誰かが乳房めがけてバラ鞭を打ち始めました。もう私は言葉にならない絶叫を叫び続け拷問状態でした

バラ鞭の途中で乳首に事務クリップを挟まれ鞭打ちで落とされます。落ちるとまた挟まれ落とされを繰り返され、先程の針貫通された場所から血が滲みでます

全員の輪姦が終わり一度、乳首の紐を解かれました。血が通い乳首は赤みを取り戻しましたが、血が滲み、乳房も鞭打ちで真っ赤に染まりました

私はピクリとも動けず放心状態になりました。

明け方になり、再び乳首を紐で巻かれると先程と同じように左右に引っ張られて柱に結ばれました

まだ乳首は痛みますが先程の乳首クリップ叩き落としに比べたらまだましに思えてしまいました

すると酔っぱらった男性達とご夫妻は私を吊ったまま別の部屋に行ってしまいました。私は両手吊り上げられたまま疲労感と睡魔に襲われました。しかしガクッと腰を落とすと両乳首が引っ張られ激痛が襲い、目を醒まさせられるんです

これは本当に拷問でした

乳首がジンジン痛みますが睡魔には勝てず眠ってしまうと乳首に激痛が走ります

眠りたくても熟睡できないんです。三時間ほど乳首吊り拷問で放置されると、誰かが起きて部屋に入ってきました。乳首はまたどす黒変色してます。男性はそんな乳首を見て紐を解いてくれました

しかしこの男性は代わりに剣山の入ったブラジャーを私に着けブラジャーの上から縄を掛け乳房を割るように縛りました。当然乳首は剣山にめり込みまた違った痛みを与えられました
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://misuzusyousetu.blog.fc2.com/tb.php/49-7d724e23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。