FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://misuzusyousetu.blog.fc2.com/tb.php/47-deb67b8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2.接待乳首奴隷

首輪の代わりに乳首に紐を巻かれると私自身も何でも言うことをきくようになっていました。

乳首を摘ままれ紐を巻かれると頭の中は朦朧となってしまい、もう私の身体を好きに扱って下さいという気持ちになってしまうんです

両乳首から何とも言えない快感がビンビンと脳を刺激するのです。

紐を引っ張られる度に股間から熱い淫汁が噴き出してしまう身体になっていました。そのくらい乳首の感覚は研ぎ澄まされ私の理性を無くすものになっていました。

ベッドに縛られ乳首を吊られて息づかいが荒くなるとご夫妻の友人達を招き入れ私の恥態を皆さんに晒されました。しかし、私はすでに乳首苦痛快楽が欲しくてたまらない状態になってしまっているので、早く乳首を捻りまわして欲しくてたまらないんです。

自分でも異常だと思いますが、どうする事も出来ないんです。誰にも言えない異常な性癖です。

数人が私の回りを囲み私の変態さを罵られます。

全て聞こえ理解できますが、そんな事より乳首苦痛責めが欲しい気持ちのほうが強いのです。

いきなり吊り上げられた乳首に針を刺される時もあれば、下着を剥ぎ取られ輪姦される事もありました。

何にしろ5、6人の男性達の何でも言いなりの玩具になっていました。

もう始まったら他の事を考える事は出来ませんでした。ひたすら乳首を捻りまわされ快楽を貪っていました

もちろん乳首だけでなくてクリやアソコもたまらない性感帯です。乳首責められながら挿入されたら、もう何されても構わないと思ってしまうほどの快感でした。繰り返し輪姦されてもアソコからは淫汁が溢れ続け何度となく絶頂を迎え、ただの快楽に溺れる牝になっていました。

初対面の男性達に囲まれてとんでもない淫乱だと思うでしょうが恥ずかしい話、乳首を繋がれてしまうとどうする事も出来なくなってしまっていたんです。

紐を引かれてしまうと全身に電気が流れ考える事など出来なくなるんです。ご夫妻にとっては思い通りの乳首奴隷になっていました。

毎晩のように乳首をいじめられ私の乳首は次第に色付きが濃くなり、大きくなっていきました。

そうなるのも当然です。

紅く腫れ上がるまでクリップや洗濯バサミで遊ばれて腫れがひかない翌日に今度はペンチでねじられ、あげくには針貫通の繰り返しの毎日でしたから。

次第に乳首責めされながらクリやアソコを玩ばれるようになり、未経験だったアナルにも異物を入れられるようになり、快楽だけを求める牝にされました。

こうしてご夫妻の接待乳首奴隷の出来上がりでした。ご夫妻のお客様や友人達にされるがままの玩具でした
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://misuzusyousetu.blog.fc2.com/tb.php/47-deb67b8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。