FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://misuzusyousetu.blog.fc2.com/tb.php/42-d3d04d78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

3.乳首吊りセックス②

身体を動かすと
ペットボトルが揺れて乳首に痛みが走る
なるべく動かないように
ジッとしている
身体中から汗が噴き出し
たちまち汗だくに
なってしまった

部屋のドアが開いた

顔を横に向け目をやると
一瞬自分の目を疑った
先程の男性の後ろに4人の男性が立っている

『おおっ!これは凄い光景ですな』

皆でガヤガヤ言いながら
部屋に入ってきた

『そうでしょう、この美鈴はインターネットで知り合って乳首苦痛が快感に感じる乳首マゾだって言うんでこんな格好にしてやったんですよ。先程も乳首を捻りまわしただけで絶頂を迎えてしまう程でしたよ』

『これは今夜は楽しめそうですな、どれどれ…』

下着一枚でベッドに拘束されて乳首を吊り上げられた姿を突然見られて恥ずかしさが込み上げてきた

そう言うと私のまわりを
全員が囲み顔をのぞきこみ全身を観察しはじめた

『ほ~ぅ、こんな顔して
乳首吊られて感じちゃう
とはね、見た目じゃ解らないな~』

『しかし黒い乳首だね~』

言いたい放題

『ああっ!見ないで~』

一人が乳首を吊られた紐を摘まむと軽く揺すった『ああっ!』

思わず声が出てしまう

『こりゃあ、かなりだな』根元をくくられパンパンになった乳首をつままれるともう一人が逆の乳首をつまんだ
『よし、これはどうだ』

二人とも指先に力を込め
乳首が平らに変形する程
潰した
『や、や、止めて~』
言葉とは裏腹に
身体がビクッビクッと
震えてしまう
左右に振りたくられると
『ああっ~イク、イク
イッちゃう~~~~~』

しばらく沈黙があり
『これは、たいした変態女だな、乳首をこんなにされて本気でイキやがった…』

私は恥ずかしさでイッパイになったが反論出来ない

『下着がビショ濡れじゃないか!いったい中身はどうなっているんだ』

下着を脱がされると

『おおっ!毛がないじゃないか!剃った様子もないしパイパンか?』

頷くと

『こりゃあ根っからの変態だな、マゾになるべくして生まれたって感じだな』『どれどれ』
濡れたアソコを指先で撫でられクリの皮を剥かれ
撫でまわされる

『ヒィーッ、ダメ~
おかしくなってしまう~』

割れ目からは淫汁が溢れる

子宮の奥が熱くなり淫汁が噴き出しているのが自分でわかる

『もうダメ~』

『よしよし、いま楽にしてやるからな』

そう言うとクリを撫で上げる手を止めるとその男性は服を脱ぎ始め全裸になった

割れ目を裂くように
挿入された
ビショ濡れのアソコは簡単に受け入れてしまう

『ああっ~見ないで~』

『そら、どうだ?欲しいんだろ?ん?』
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://misuzusyousetu.blog.fc2.com/tb.php/42-d3d04d78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。