FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://misuzusyousetu.blog.fc2.com/tb.php/41-8f4902a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2.乳首吊りセックス①

『服を脱いでごらん』

今日はじめて出会った男性の目の前でスカーフをとりブラウスのボタンはずす
次いでスカート、ストッキングも脱ぐ。
下着は黒もちろんTバック

『ブラもはずして』

数年の乳首責めにより黒く色づき大きくなった乳首をさらすのは、さすがに少し恥ずかしい

『いじめがいのありそうないやらしく色づいた乳首じゃないか』

男性の前できおつけの格好でTバック一枚で直立する私のまわりを回り乳房や
乳首を舐めるように見る

その視線に私の乳首は
キューッと勃起してしまう
それを見て
男性は笑みを浮かべた

『ふむ、ボリュームを出す為に少し縄掛けするか』

乳房の上下に縄を巻かれて胸の真ん中で絞られる
私の小さな乳房はパンパンになり突き出た乳首に目を落とすと破裂しそうに突き出てしまっている

『ベッドに寝なさい』

下着一枚になり
ベッドに仰向けに寝ると
両手を万歳の格好で
ベッドに拘束される

天井に向かって突き出た
乳首はすぐに
男性の玩具になる
摘ままれ転がされて
指で弾かれ玩ばれると
全身の力が抜けていく

『あ、あ、あっ~
気持ちイイ~!
お願い、いじめて…』

つい言葉に出てしまう

『ほう、いじめてか…』
指先に力を込められると
両乳首同時に背中が浮く程引っ張りあげられる

『キィーッ、ちぎれる~
どうかなっちゃう~』

そのまま乳首を左右に
捻られる

『あ、あ、あ、つらい
でも…イイ~
イッちゃいそう~』

身体は小刻みに震え
下着からは淫汁が滲み

『ダメ~我慢できない』
大絶頂を迎えてしまう

『ほう、乳首苦痛でイクのは本当だったんだな』

絶頂を迎え
朦朧としている私の乳首に紐を巻き始める
勃起して尖った乳首の根元を縛られる
紐の先にはそれぞれ
1Lのペットボトルが
結ばれている

『さあ、準備できたぞ』

そういうとベッドの頭上にペットボトルを吊り下げる

『重たい~!』

頭上に向かって両乳首が
思い切り引っ張られる
乳首の根元を結ばれている為乳首は赤黒く色づき
アメリカンチェリーの様

『くぅ~、ちぎれちゃう』

『いいぞ、乳首苦痛マゾの美鈴にはお似合いの格好じゃないか、感じていいんだぞ。今から美鈴の身体を堪能させてもらうからしばらく楽しみに待っていろよ』

『えっ…』
そう言うと
乳首を吊ったまま部屋を
出ていってしまった

一人になった部屋には静寂が訪れた、こんな格好で
誰かに見られたら
どう思われるだろう
急に恥ずかしさが
込み上げてきた

両乳首からジンジン伝わる快感と重なり割れ目から
淫汁が滲みでてしまう
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://misuzusyousetu.blog.fc2.com/tb.php/41-8f4902a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。