FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://misuzusyousetu.blog.fc2.com/tb.php/103-f671feed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

12.アナル

X字の格好で
ベッドに拘束されていた
手枷足枷がすべて外された

両手首と両足首は
調味料責めで暴れたために摺りきれ
うっすらと血が滲んでいた

上半身を抱き抱えられ
起こされた

意識はまだ朦朧としていた

先程の剣山を両乳房に
再び押し込められた

粗塩やタバスコで
責め抜かれた乳輪乳首には剣山の棘は
たいした痛みではなかった

剣山を押し当てたまま
ガムテープで乳房を
グルグル巻きにされた

『さぁさぁ
唯一使ってなかった穴を
使わせてもらうか』

そのままうつ伏せに
寝かされた

『あっ…胸が…』

さすがに自分の体重が胸にのし掛かり剣山の棘が
さらに乳首を押し込み
ジンジンと痛みを送る

『じゃぁイクぜ』

わたしの腰を持ち上げると淫汁でまみれたアナルに
一気に刺し貫かれた

『うぎゃ~』さすがにいきなり
突っ込まれ絶叫をあげた

『おおっ!
やっぱりイイ締まりだ』

そのまま激しく突かれ
パンパンと音が響いた

『あぁっ~
裂けちゃう~』

身体が
前後に激しく揺すられ
全体重がのし掛かった
剣山が乳首に食い込む

『おっぱいが…
たまらない…刺さる…』

上半身を抱き起こされ
後ろから両乳房を
鷲掴みにされる

『あひぃ~
乳首に…刺さる…』

男性があぐらをかいた上でアナルを貫かれながら
剣山を無茶苦茶に押し込む

絶頂が近づくと

『まだまだイクなよ』

男性がうしろに倒れ
私はアナルを刺されたまま男性の上に仰向けにされた

パックリ口を空けた
パイパンのアソコに
もう一人が入ってきた

『ああ~イイ~
ダメ~我慢できない~』

わたしの中で二本が擦れ
たまらない快感

わたしが一番狂う二本刺し

まわりの男性達が
剣山乳房を揉みしだき
乳首に苦痛の快感が襲う

乳首とアナルとアソコに
最高の快感を与えられ

大絶叫しながらイッた


それからは
全員に代わる代わる
身体中の穴を塞がれた

乳房は揉みくちゃにされ

終いには踏みつけられ
胸に巻かれたガムテープの下から血が流れた

それでもヨガリ声をあげ
快楽をねだった

『ああ~
止めないで~
グチャグチャにして~』


窓がないから
時間の感覚がない

声もかすれ
抵抗する体力も無くなり
口やアナルやアソコを
塞がれるだけの
人形にされた

終わらない…

数時間後には
胸に血だらけの
ガムテープを巻かれ
口と股間から
精液を溢れさせた肉体が
ひとつ転がっていた
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://misuzusyousetu.blog.fc2.com/tb.php/103-f671feed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。